一般社団法人浮羽青年会議所公式サイト<

0943-75-5124

お問い合わせはこちらから

通常総会。

皆様、おはようございます。 浮羽青年会議所 児玉です。

1月28日(土)にうきは市吉井町のうきは市総合福祉センター2階大会議室にて、1月例会・通常総会が開催されましたので、参加してきました。

通常総会には、2016年度の執行部として昨年1年間の活動や行動をまとめた報告書と資金の収入と支出をまとめた決算関係資料を提出させていただきました。提出した全ての資料が無事に承認されて、また、一つ2016年度の活動が終わりました。残す2016年度の作業は先日も書きましたが、県?国?への報告になります。これは3月末までに入力を終了することが、法律で決まっていますので、遅滞の無い様に進めていきたいと思います。

決算書を作成している段階で気づいたのですが、昨年度は私が浮羽青年会議所の決算書を気にするようになって初めてだと思いますが、私たちが通常得られる収入の範囲内にすべての活動の支出を抑えることができ、昨年に繰り越していただいた資金を使うことなく、今年に残すことができました。この時、昨年読んでいた本に書いてあったことを思い出しました。その本には人材を残すは一流、事業を残すのは二流、お金を残すのは三流という言葉が書いてありました。この言葉をそのまま当てはめるなら、資金を使わずに残した私を代表とした昨年の執行部は三流ということになりますが、何か行動を起こすうえで資金は必要不可欠な要素となると思います。昨年なるべく資金を使わないように節約に取り組んだ結果、本年度以降に残せた資金です、後々まで残る事業や、今後の浮羽地域を牽引していく人材を育てるために有効に使っていただけたら幸いです。

5月14日 楽しんばい 浮羽! 感じっばい 故郷(ふるさと)!

児玉 工
投稿者:児玉 工

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です