一般社団法人浮羽青年会議所公式サイト<

0943-75-5124

お問い合わせはこちらから

蛍。

皆様、おはようございます。浮羽青年会議所 児玉です。

昨晩、時間がありましたので、うきは市浮羽町の小塩地区の小塩川へホタルを見に行ってきました。先日の異業種交流会で、小塩地区にお住まいの方から、19時30分過ぎに薄暗くなってから21時くらいまで、ホタルが飛んでいるとの情報を聞いていましたので、19時には小塩地区に入り、ホタルが一番飛んでいそうで、且つ、写真を撮りやすそうな場所を探して小塩地区を山の方へと登っていました。新たな気付きですが、小塩地区は山間を流れる小塩川に沿って、川の両サイドに民家が立ち並んでいますが、上流のほうの地域は日田市だったということです。ナビから大分県に入りましたとのアナウンスが流れたので、周囲を見ていると、確かに公共の場所には日田市と記載のある案内板がありました。私は、その時まで、小塩川沿いの地域は浮羽町だと認識していましたので、勉強になりました。

さて、ホタルですが、探し出していたベストスポットで待機していると20時前後にあたりが暗くなってきてから、川沿いの木々にちらほらと出てきました。時期が遅かったのかもしれませんが、昨日、私が陣取っていたスポットでは、20匹弱のホタルが飛び交っていました。天気もよく、月明かりにかすかに照らされる田んぼ道、川沿いにはホタルが出す淡い光、そして、見上げると満天の星空、耳を澄ませば、川のせせらぎに虫たちの鳴き声が聞こえてきます。ホタルが飛び交う時間は1時間くらいですが、とても、心落ち着く時間でした。(カエルの鳴き声が、多少やかましかったですが…)ホタルを見に行くときは、椅子を持参するかお尻にしくものを持って、リラックスして見られることをお勧めします。

20160609_204414

※分かりづらいと思いますが、左下のほうに見える光がホタルです。スマホではうまく撮れなくて…

また、小塩地区では11月後半から12月にかけて、「冬ホタル」もあります。これは、実際のホタルではなくて、家々を様々な電飾で飾った綺麗なイルミネーションを見て楽しむことができます。

児玉 工
投稿者:児玉 工

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です