一般社団法人浮羽青年会議所公式サイト<

0943-75-5124

お問い合わせはこちらから

第31回ゆうかり学園納涼盆踊り花火大会。

皆さま、こんばんは、浮羽青年会議所 児玉です。

昨日は、第31回ゆうかり学園納涼盆踊り花火大会に参加させていただきました。18時から久留米市田主丸町の田主丸町植木農業協同組合の会場で開催されていました。昨日は本当に暑い一日で、夕方とはいえまだまだ日差しが強かったのですが、会場となった施設には、屋根付きの広い会場があり快適な時間を過ごさせていただきました。

さて、可愛らしい3名の少年の言葉で幕があいた、盆踊り大会。参加者も本当に多くて、ゆうかり学園関係者以外にも近隣の方々も参加されており会場は大変にぎわっていました。ステージでは地元の中学校の生徒さんによる太鼓の演奏や地元の少年少女のダンスチームによるパフォーマンスなどが行われ、会場の周囲も地元の方々や地元の中高生が、かき氷やたこ焼き、焼きそば、焼き鳥、金魚すくいなどの露店を出して盆踊り大会を盛り上げられていました。残念ながら都合により最後まで参加することはできませんでしたが、参加されているすべての方が笑顔になっていた時間でした。来年は最後まで参加したいと思います。

20160721_180123-01

20160721_183006-01

ゆうかり学園は『福祉の原点は心である 仕事はどれだけしたかより どんな心でしたかが大切である』を基本理念として、お仕事をされておられておられます。開会の挨拶でこの言葉を聞いた時に、この理念はすべての仕事に通じるものがあると深く感銘をうけ、私自身の仕事に対する姿勢を考えさせられました。

 

児玉 工
投稿者:児玉 工

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です