一般社団法人浮羽青年会議所公式サイト<

0943-75-5124

お問い合わせはこちらから

吉井祇園山笠。

皆さま、こんばんは、浮羽青年会議所 児玉です。

7月21日(木)~22日(金)の2日間で吉井祇園山笠がうきは市吉井町で開催されました。吉井町の祇園山笠は福岡で開催された後に飾り山を3台借りてきて、吉井町の高橋神社と白壁交流広場、祇園神社の3か所に飾られます。

このように… 高橋神社

20160722_154812-01

白壁交流広場

20160722_154238-01

祇園神社

1469434937887

そして、吉井町内を1~4の組で分けて、御神入れを行った本神輿や獅子を担いで町内を練り歩き、要所要所でうきは市の『打ち込み』と呼ばれる締めを行って、幸のおすそ分けをされているそうです。ちなみに打ち込みは私たちも宴席の締めなどで行っています。うきは版一本締めのようなものと理解いしています。掛け声は『祝いましょ!!パンパン もひとせ!!パンパン ようてさんど!!パンパンパン ワァー(両手を上げる)』です。(パンはかしわ手を表しています。)その他にも御神入れを行ったいくつかのお神輿や各小学校や地域の団体が独自に作成した神輿も町内を練り歩いて祭りを盛り上げています。

20160722_154754-01

20160722_154949-01

3台の山飾りには、それぞれ地域の有志が集まったお囃子(はやし)の方々が、数か月間練習した笛や太鼓を奏でています。その中に今年から浮羽青年会議所のメンバーも参加していました。この時期に福岡の各地で祇園山笠という名称で祭りが開催されていますが、その由来は今度調べてみたいと思います。

20160722_154214-01

児玉 工
投稿者:児玉 工

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です