一般社団法人浮羽青年会議所公式サイト<

0943-75-5124

お問い合わせはこちらから

2018年度理事長所信

一般社団法人 浮羽青年会議所 
第39代理事長 中野 憲一
 
はじめに私は浮羽JCに入会して6年目を迎えます。入会以来、多くのJCの行事に出席する機会をいただき、気づきや出会いを得ながら活動してきました。浮羽JCとして事業を構築し下調べをおこなう中で、私がまだ知らなかったこの地域の魅力を知ることができ、地域に対する愛着が生まれ、いつしか自分の住んでいる地域の将来について、考えるようになりました。また、JCの事業に参加することで、多くの出会いがあり、仲間が増え色々な価値観の方と出会うことができ、多くの学びを得ることができました。JCは入会し、活動や運動をおこなっていく中で、新たな発見や学びの機会を必ず与えてくれ、人として成長させてくれる組織です。しかし近年、JCへ入会する若者が減少しています。そこには、少子高齢化による若者の減少も要因の一つなのかもしれません。ですが、まだまだこの地域には多く若者が存在して、その若者達も心の奥には、この地域に対する想いが必ず存在しています。そのような想いを持つ若者達を私たちは、拡大対象者として発掘し、JCで得ることのできる、学びや出会い、そしてこの地域の未来のリーダーとして成長できる機会を提供していかなければなりません。それが、個人の成長につながり、浮羽JCとしての成長、この地域の発展につながると確信しています。 

会員拡大について

会員拡大は、浮羽JCとして唯一の継続事業です。この地域をよりよくするため、そして、浮羽JCの活動や運動をより発展させていくためには、多くの人財が必要です。より多くの価値観と触れ合い語り合い、お互いに切磋琢磨することで、さらによいアイディアが生まれます。この地域ため、そして、メンバー自身の成長のためにも会員拡大をおこなう必要があります。また、この地域で活動や運動をおこなう団体として必要なことは、地域に対する団体の知名度だと思います。昨年は、第45回福岡ブロック大会浮羽大会を主管して、多くの方々に浮羽JCを知っていただくよい機会となりました。本年も、浮羽JCの知名度を向上させることのできる事業を実施し、メンバーの拡大ひいては、この地域の未来のリーダーの拡大につながる活動や運動を実施していきます。

 

 

会員育成について

JCは、地域のリーダーを育成する場と言われています。私たちJCメンバーは、この組織に所属して活動や運動をおこなう中で、多くのことを学ぶ機会を得ています。入会時に自身の成長を目的に入会するメンバーがほとんどだと思いますが、自分自身が自発的に行動をおこし、積極的に活動することで、成長を自分自身の手で掴み取ることができるのです。JCは多くの事業を通して様々な機会を提供してくれます。その事業に参加して、それぞれの考え方を持った多くの人々と関わりを持ち、自身の成長に繋げてもらいたいと思います。また、メンバー一人ひとりが責任を持ち、活動や運動をおこなっていく中で、様々な壁や障害を目の当たりにすることもあると思います。その壁や障害に対して、しっかりと向き合い乗り越えることで、達成感を感じ、自身の成長へとつながり、幅広い知識を得ることができこの地域のリーダーとしても成長していくことができます。本年は、メンバー一人ひとりが未来のリーダーとして成長できる活動を実施していきます。

 

 

例会について

メンバー全員を対象とした例会は毎月一回必ず開催され、メンバーには出席の義務があります。この例会では、メンバー全員が顔を合わせる事ができ、交流を深めることのできる貴重な時間となり、さらには、一人ひとりが成長のできる機会が準備されています。しかし近年では、メンバーの出席率の低下により、この機会を上手く活用できていない現状があります。本年は、メンバーが例会への参加意欲を向上させ、成長へとつながる例会を実施します。

 

 

さいごに

JCは、20歳から40歳までの青年だけが所属できる若者の団体です。この団体に所属し活動をおこなっていく意味や、理由はメンバー一人ひとり違うかもしれません。しかし、この組織でしか得られないものも必ず存在して、自らが活動をおこなっていく中で気づかぬうちに成長しています。さいごに、様々な価値観に触れ、多くの学びの機会を逃すことなくJCのメンバーとして、そして、この地域の未来のリーダーとして成長していきましょう。